岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

社会人講師「魚のさばき方」を学びました

6月24日(金) 2年生家政科フードデザインの授業において、「魚富」の土井富弘先生、三宅周栄先生を 講師としてお招きし、日本料理について教えていただきました。 今回は鯵を使用して4品の料理を師範していただきました。初めて魚をさばく生徒も、先生に丁寧に教えていただき、上手に3枚に下ろすことができました。

社会人講師授業「テーブルコーディネート」が行われました

3月11日(金) 家政科2年次のフードデザインで、食空間コーディネート協会の最所先生と小池先生をお招きし、「テーブルコーディネート」の授業と実習が行われました。クロスやカトラリーの組み合わせ方はとても難しかったですが、先生方からアドバイスをいただき、どの班もイメージのしていた素敵なコーディネートにすることができました。 美味しい料理を視覚から作っていく大切さを学びました。

 

校内でクッキー販売を行いました

1月20日 家政科展で販売するクッキーを、今年度は校内でも販売しました。抹茶やチョコレートなど、いろいろな種類の入ったつめあわせセットです。多くの生徒や先生方が買いに来てくださいました。

 

家庭科技術検定(食物)2級を行いました

12月11日(土) 家庭科技術検定(食物)2級の検定が行われ、「高校生のお弁当」をテーマに50分かけて完成させました。

松花堂弁当を作りました

11月18日(木)家政科3年次生が、栄養の授業で「秋の彩り」をテーマに松花堂弁当を作りました。材料、切り方、調味、盛り付けにこだわりました。

     

社会人講師授業「野菜の飾り切りとステーキの焼き方」を学びました

11月4日(木)家政科2年次生食品選択者が、生衛業組合高梁支部6名の講師の方に、野菜の飾り切り方、ステーキの焼き方を教わりました。手際よく調理される先生の手さばきを間近で見て、今後の調理実習への意欲がわきました。最高級のお肉を堪能して、大満足の特別授業でした。

 

家政科展

 1月22日、23日にポルカ天満屋ハピータウンを会場に家政科展が行われました。今年はコロナ禍のため、3年保護者のみを対象として高梁文化交流館でステージ発表を行いました。たくさんの方にご来場いただきありがとうございました。

社会人講師授業「和菓子材料の扱いとその調理法」を行いました。

9月14日、10月12日に総社市の「備庵」より講師の先生をお招きして社会人講師授業「和菓子材料の扱いとその調理法」を行いました。専門家による和菓子の調理法や特殊材料の扱いを知ることにより、生徒の和菓子作りへの興味を一層高め、技術向上を図ることを目的としています。3年1組の調理選択者を対象にしており、生徒達は上用饅頭や大福、わらび餅、こなし製を実際に作り、和菓子作りの楽しさや難しさを実感することができました。

食物