岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

花を植えました

家庭クラブ奉仕委員で花を植えました。

ビオラやシクラメン、プリムラなどを植えました。

長く花を楽しめるよう、しっかり世話をしようと思います。

チューリップも植えました。今は何もないですが、きれいに咲かせられるよう頑張ります。

cafe chateau と作ったデザートが取材されました。

家政科1年次生4人とcafe chateau でコラボして作った「雲海アイス」が吉備ケーブルテレビに取材されました。

アイスを考える上で難しかったことやどんな人に食べてもらいたいか、などのインタビューに本校の1年次生が答えています。

放送日は10月30日(月)午後6時30分~ になります。ぜひご覧ください。

1年次生第2回社会貢献活動

10月20日(金)定期考査最終日の午後1時から、本校1年次生140名で

奉仕活動を行いました。高梁市民体育館およびその周辺と国道180号線沿い

の歩道の清掃活動や除草活動を、クラスごとに分担を決めて取り組みました。

 

 

二時間弱の取り組みでしたが、どのクラスもビニール袋一杯の雑草やゴミを集めて

とてもきれいになりました。生徒達は、定期考査が終わった解放感も手伝い熱心に

取り組んでくれて、とても気持ちの良い活動となりました。

家政科2年次生 音楽選択者ミニライブ

10月16日(月)4限に家政科2年次生の芸術選択の音楽選択者による

ミニライブが音楽室で行われました。

 

6月から3チームにわかれ、演奏曲を選び、パートを決めて練習を重ねました。

それぞれ、aiko「カブトムシ」・オレンジレンジ「以心電信」・大塚愛「さくらんぼ」

の演奏を行いました。

 

演奏する生徒たちは、人前ということもあり緊張しながらも一生懸命演奏をしていました。

また、美術・書道選択の生徒も観客としてライブを楽しく鑑賞し盛り上げていました。

 

 

 

 

総合的な学習の時間:地域学「高梁を知る・創る」成果発表会

 10月12日7限に総合的学習の時間に行われている地域学「高梁を知る・創る」の成果発表会が行われました。

 

★★★★★★★地域学「高梁を知る・創る」とは★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 高梁地域に視点を当て、クラスの枠を越えて興味のあるテーマごとに班を作り、実際に地域に出向き見聞きしたことや体験したことから高梁地域をより良くするための提案名を発信することを目標にしている総合的な学習です。

 1年次生では「高梁を知る」と題して、地域に出向き、高梁の現状 を調査して理解を深めます。2年次生では「高梁を創る」と題して、1年次の調査を基に高梁をより良くするための方策を発信し、地域に還元することを目指します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 成果発表会のはじめは、体育館壁面に貼り付けられたポスターを自由に鑑賞です。このポスターは、共通のテーマで班を組み、実際に調べたことなどをまとめた研究成果になります。他の班が調べた様々なテーマを知ることができます。

 

  

(写真は1年次生がまとめたポスターです)

 

 後半は、2年次生の各分野から、代表の班の発表が行われました。

【代表で発表を行った班のテーマ】

エデュケーション分野 「楽しい授業とは何か」
ホームエコノミック分野 「子どもたちの成長」
メディカル・ウェルフェア分野 「熱中症の予防と対策」
エコノミー分野 「外国人の住みやすい町in高梁」
サイエンス分野 「高梁の農業」

  
「外国人に住みやすい町in高梁」について調べた班では、英語で発表を行ったり、「熱中症の予防と対策」について調べた班では、熱中症予防のパンフレットを制作し披露したりしました。

姉妹校生と調理実習をしました。

10月2日(月)3限

姉妹校生と3年家政科・調理選択の生徒が一緒に調理実習をしました。

内容は「炊き込みご飯」「しめ卵のすまし汁」「野菜のかき揚げ」です。

 

 

 

お互いに協力して、調理を進めます。

 

 

片付けも協力して行います。

 

3品とも出来上がり、姉妹校生と本校生徒とテーブルを囲んでおいしくいただきました。

 

縦割りロングホームルーム

9月25日6・7限に「縦割りLHR」が行われました。

縦割りLHRとは、学年・クラスを解体して、学年や学科の枠を超えて

グループを作り、学校の課題や社会問題などについて考え

話し合う時間です。今年の議題は「反抗期の自分を伝えよう」です。

 

 始めに、各班で名前・好きな食べ物など簡単な自己紹介を行いました。

 

 初めて話をする人もいるので固い雰囲気をほぐすために簡単なゲームをしました。

どんなゲームかというと、

1.グループの半分の人があるイラストを見る。

2.イラストを見た人は、イラストを見ていない人に言葉でどんなイラストか伝える。

3.イラストを見ていない人は、その説明を聞いて実際に同じものを描いて再現する。

というゲームです。

絵心を試されるゲームでしたが、イラストを説明するうちに打ち解けた雰囲気になりました。

 

 

そして本題の「反抗期の自分を伝えよう」について話をしました。

「大人に対して思っていること」のプラスの面・マイナスの面を考えました。

 

 

その後、『高校生側の思い/大人側の思いを考える』というテーマで

紙芝居を見ながら高校生側・大人側それぞれの視点で両者の関係を考えました。

 

さらに『理解し合える関係を作ろう』といテーマで

①「最近、大人とのやりとりの中で腹が立った出来事」
②「大人の思いを考えてみる」
③「出来事を振り帰り、どう考え行動すれば良かったか(+大人にもこんな配慮をしてほしい)」

①~③の順番に個人の考えをワークシートにまとめました。

 

全体として、大人に対して「もっとこうして欲しい」という思いもありましたが、

大人への感謝や尊敬の思いもありました。

 

 

 

 

 

 

cafe chateauとコラボをして新しいデザートを作りました

 家政科1年生の4人が「総合的な学習の時間」の中で、cafe chateau とコラボをして「雲海アイス」という新しいデザートを作りました。

特徴は高梁紅茶を使って作った「わらびもち、白玉」と雲海に見立てて作った綿菓子です。

ぜひ、食べてみてください。

オープンスクールを行いました

8月2日(水)にオープンスクールを行いました。

家政科は、「被服」「食物」「保育」の体験授業や、授業で製作したものの展示、飲み物とクッキーを提供する「おもてなしコーナー」等をおこないました。

  

 

 

 

 

オープンスクールの準備をしました。

8月2日(水)にあるオープンスクールに向けて、家政科の3年次生で準備を行いました。

家政科の展示では、「被服」「食物」「保育」「福祉」などのブースごとに授業で作ったものなどの展示を行います。

各ブースごとに準備をしました。

今年は、家政科の生徒が作ったクッキーと飲み物でおもてなしをします。

当日はぜひ、お立ち寄りください。