岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

1年次生 総合的な学習の時間

2月7日(木)6・7限、1年次生の「総合的な学習の時間」の一環で、

様々な大学や専門学校の先生方に来校していただいて、模擬授業をしていただきました。

授業は「文学・語学」「経済学」「理工学」「保育学・幼児教育学」「食物・栄養学」

「福祉学」「看護学」「心理学」「薬学」「医療技術学」

「建築学」「IT・情報」「調理・製菓」「ファッション」「デザイン」

の15分野で行いました。

 

「看護学」では、「あかちゃんロボットを使って子育てを探求しよう」と題して、

看護師と助産師の資格をもつ講師の先生と共に、赤ちゃんロボットを使って、

抱っこ・授乳・おむつ交換など実際の子育てを体験しました。

ロボットとはいえ、本当に声をだして泣く赤ちゃんに生徒も戸惑いながらお世話をしていました。

 

また、「調理・製菓」では、料理人の方が、食材や料理の由来について話をしながら

調理をしてくださいました。生徒たちは、プロフェッショナルの技を目の当たりにして

「お~」っと声をあげ見入っていました。

 

短い授業時間ではありましたが、生徒たちは講師の先生方のお話をしっかりと聞き

自分の進路選択について考える時間になりました。

Welcome 地元で働く方谷先生!

1月10日(木)6・7限に「Welcome 地元で働く方谷先生!」が行われました。

この取り組みは、地元で働いている方々を「方谷先生」と位置付け、

ご自身の経験などをお話しいただく講座です。

生徒にとっては、地元で働く思い、やりがいや苦労、生き方について示唆に富む話を

講師から聴くことができました。また、講師の先生の中には、本校の卒業生の方もおられました。

生徒たちも、実際に地元で働いている方々の話を真剣な表情で聞いていました。

 

家庭クラブの立合演説会を行いました

12月6日(木)に来年度の家庭クラブ長と副クラブ長を決める立会演説会を行いました。

新役員に変わっても、今後のクラブ活動がよりよいものになるよう活動していこうと思います。

 

 

新しい制服のデザインを考えよう!

  11月30日金曜日、制服メーカーのカンコーの方々お迎えし、高梁高校の制服のリニュアールについての講義をしていただきました。高梁高校では140周年迎える平成32年度に制服を新しくすることを予定しています。そこで本校家政科の3年次生徒が中心となって新制服のデザインを考えました。カンコーの方々のご指導の下、各グループで考えた制服のイメージを発表していきました。質疑応答では「ボタンの形はどうなるか」「今の制服を着ていて動きにくいときはあるか」などの質問があり、生徒はグループの考えを丁寧に説明していました。また、生徒によるキャッチコピーについては「伝統を着る」など生徒らしい発案もたくさんありました。これらの案を基にして、今後デザインを考えていきます。
 

花植えをしました

10月30日(火)に、家政科の家庭クラブ奉仕委員と普通科1年次生の家庭クラブ員を中心に、花植えをしました。また、今回は有志で募った生徒も参加してくれました。

プランターにはシクラメンやマーガレットを植え、花壇にはチューリップの球根を植えました。

 

 

高梁市への支援金寄付

 10月19日(金)、本校生徒会・PTA・同窓会による募金活動及び松籟祭のPTAバザー収益金を合わせて、7月豪雨災害の支援金として高梁市に寄付しました。本校生徒会長・副会長が高梁市の近藤隆則市長に直接手渡しさせていただき、市長から災害復興に向けた展望についてのお話もしていただきました。

留学生の授業「音楽」

留学生のチャールズ・ジョン君とアキロウ・エイムス君は本校に滞在中、

日本語の勉強をしたり、たか高生と同じ授業を受けたりします。

その一環で10月15・22日(月)4限目の「音楽」の時間に「琴」を習いました。

初めて触れる日本の楽器に戸惑いながらも、「さくら」の曲を弾きこなしていました。

1年次生の学年集会

10月22日(月)7限目のロングホームルームの時間に

普通科1年次生は学年集会をおこないました。

4月から10月の間に取り組んだ「方谷学」の振り返りや、

これから11月3日におこなう予定の模擬試験についてのお話でした。

「方谷学」1・2年次生合同の学習成果発表会

10月11日(木)、平成30年度「方谷学」(高梁を知る/創る)の1・2年次生合同の

学習成果発表会がありました。

 

「総合的な学習」の一つである「方谷学」では、高梁の町について調べ、町の抱える課題について

高校生の視点で「こたえ」を考えます。実際に町に足を運んで見聞きしたり、体験したりすることで、

イメージとして知っていた町について深く理解することができます。調査し分かったことをもとに

高梁の町をもっと魅力的により良くする方法を高校生の視点で考え、高校生が自分たちで計画を

提案し実行していきます。

 

この発表会では「ホーム」「ウェルフェア」「ポリティクス」「サイエンス」

「エデュケーション」「インターナショナル」の6分野の中から、2年次生の代表の

8グループが発表をしました。

 

★★★発表内容★★★

ホーム分野・・・・・・・・「高梁の子どもの歯の健康を守るぞ」

ウェルフェア分野・・・・・「高梁市の看護師の現状」

ポリティクス分野・・・・・「備中中学校の有効活用」

サイエンス分野・・・・・・「チョークの再生利用」「臥牛山の魅力」

エデュケーション分野・・・「幼児の発達と成長」「中学生が求める授業とは」

インターナショナル分野・・「外国人観光客を増やすために」

 

 

2年次生にとっては、昨年の研究の上にさらに積み重ねた内容になり、

自分たちの見つけた問題について自分たちなりの「こたえ」を考えることができた学びとなりました。

1年次生は2年次生の発表を聞くことで、上級生の研究の仕方など次年度に向けての課題に気付くことが

ありました。

キャンドルナイトの準備をしました

生徒会の役員と家庭クラブ役員で、10月19日(金)に高梁市紺屋川で行われるキャンドルナイトのキャンドルを準備しました。今年も全校生徒に願い書いてもらいました。