岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

留学生の授業「音楽」

留学生のチャールズ・ジョン君とアキロウ・エイムス君は本校に滞在中、

日本語の勉強をしたり、たか高生と同じ授業を受けたりします。

その一環で10月15・22日(月)4限目の「音楽」の時間に「琴」を習いました。

初めて触れる日本の楽器に戸惑いながらも、「さくら」の曲を弾きこなしていました。

留学生歓迎式

10月2日(火)、前期終業式・後期始業式の後に、留学生歓迎式が行われました。

本校の姉妹校であるオーストラリアのノーウッド・モリアルタ高校から、

チャールズ・ジョン君とアキロウ・エイムス君の二人の留学生が来日しました。

二人は、9月30日から12月4日まで、本校に滞在し、日本語の勉強をしたり、

たか高生と同じ授業を受けたりします。

中期留学生がやってきました

姉妹校、ノーウッド・モリアルタ高校より、

2名の中期留学生が台風の中到着しました!

Charles君と、Akiro君です。

2人は、高梁しにホームステイしながら

12月上旬まで滞在します。

1日も早く慣れて高梁ライフを満喫して下さい!

 

 

帰国します!

最終日のシドニー市内研修も終わり、現在シドニー空港で登場待ちです。

明日朝9時過ぎに関空到着予定で、順調に行けば14:00頃には高梁帰着予定です。

シドニー三日目。

シドニーも三日目になりました。

今日は片道約二時間の世界遺産「ブルーマウンテンズ(コーヒーは採れません)」に行きました。ここは、ユーカリの木で出来た樹海で、水分とともに蒸発するユーカリの油が日に照らされて青っぽく見えることに由来しています。

千メートルを超える標高ということで、シドニー市内よりかなり寒い場所でした。

明日はいよいよオーストラリア最終日。自主性を持って研修してきます。

シドニー二日目。

 

シドニー二日目です。台風並みに風が強い一日でしたが、天気は晴れました。

昨日は到着時間の関係で逆光になったオペラハウスとハーバーブリッジで、何とか記念撮影できました。

その後はオーストラリア博物館に行き、オーストラリアの動物や、恐竜の展示について学びました。たまたま地元の小学生たちが科学フェアに来ており、その生徒たちを対象に行われていた、「動物ふれあい」を体験させてもらいました。「夜鷹」と「パイソン」を触りました。

Good bye, Adelaide.

お世話になったアデレードを離れ、無事シドニーに到着しています。アデレードからの飛行機は霧で一時間遅れの出発でしたが、大きなトラブルもなく全員健康に過ごしています。

ホストファミリーも居ない生活が始まりました。自分で英語を使って食事を注文するなど、学校を離れて頑張っています!

学校最終日。

楽しい時間は矢のように過ぎて、ノーウッドモリアルタ高校滞在最終日でした。

最終日は先住民族、「アボリジニ」の文化について学び、それぞれブーメランを作りました。

 

その後、一週間分の感謝の気持ちを込めてお別れ会を実施しました。最後に校長先生から「終了証書」を受け取りました。

アデレードでの最後の週末をホストファミリーと過ごしています。

四日目です。

 

 

 

 

 

四日目は一日野外研修で、自然公園に行きました。色々な動物と直接触れ合える体験型動物園といった感じでしょうか。

お土産タイムとして、ほど近い所にある、世界一の木馬(揺れはしません)に行きました。

一日の終わりには、「みんなよく言うことを聞いて、積極性に参加してくれてよかった。」と、引率して頂いたノーウッドの先生からお褒めの言葉を頂きました。

三日目は、

姉妹校滞在三日目ですが、本日は職員会議で生徒は学校に来ません。日本ではあり得ませんね。。。

高梁の生徒たちはホストファミリーの生徒たちとそれぞれ時間を過ごしています。