岡山県立高梁高等学校

社会人講師授業「和菓子材料の扱いとその調理法」を行いました。

9月14日、10月12日に総社市の「備庵」より講師の先生をお招きして社会人講師授業「和菓子材料の扱いとその調理法」を行いました。専門家による和菓子の調理法や特殊材料の扱いを知ることにより、生徒の和菓子作りへの興味を一層高め、技術向上を図ることを目的としています。3年1組の調理選択者を対象にしており、生徒達は上用饅頭や大福、わらび餅、こなし製を実際に作り、和菓子作りの楽しさや難しさを実感することができました。