岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

家政科・1年次と2年次で交流をしました

3月4日(金) 家政科1年次生と2年次生が合同で授業を行いました。各学年が前半・後半に別れ、「消しゴムはんこ」と、「水引きストラップ」を製作しました。製作時に教え合うだけでなく、学校生活に関する相談などをしたりするなど、充実した時間を過ごすことができました。

社会人講師授業「着付け講習会」が行われました

3月14日(月)装道礼法きもの学院の和仁秀子先生をお迎えして、着付け講習会が行われました。腰ひもや胸ひも、伊達締めの締め方と帯のいろいろな締め方を学んだ後、自分たちで製作した浴衣の着付けを行いました。そして、浴衣を着た時の立ち振る舞いについても教えていただきました。

 

自分で作った服を着てみました

3月11日(金) 家政科1年次のファッション造形基礎で甚平を作りました。慣れない和服製作はとても大変でしたが、世界に1つだけの甚平を完成することができました!

社会人講師授業「テーブルコーディネート」が行われました

3月11日(金) 家政科2年次のフードデザインで、食空間コーディネート協会の最所先生と小池先生をお招きし、「テーブルコーディネート」の授業と実習が行われました。クロスやカトラリーの組み合わせ方はとても難しかったですが、先生方からアドバイスをいただき、どの班もイメージのしていた素敵なコーディネートにすることができました。 美味しい料理を視覚から作っていく大切さを学びました。

 

社会人講師授業「人形劇」が行われました

3月2日(水)家政科2年次の「子どもの発達と保育」の授業で丹原恒子先生による人形劇の観劇が行われました。手作りの人形などを駆使して披露してくださるペープサートやパネルシアター等は私達の心を魅了するものばかりでした。丹原先生自身が楽しまれながらする演技などから、とても大切なことを学ばせていただきました。

  

招福雛を作りました!

2月24日(木)家政科2年次の生徒たちが、招福雛を作りました。実際に雛人形を作るときに使われている「金襴」という布で作ったため、手縫いが大変でしたが、1つ1つ丁寧に作り上げることができました。

完成した招福雛は、各家庭に持ち帰り、ひな祭りに飾る予定です。

3年次生の話を聞く会を行いました

2月24日(木) 家政科の1・2年次生を対象に、3年次生の話を聞く会を行いました。

3年次生が、それぞれの進路実現のために頑張ったことや大変だったこと、3年次生になるまでに頑張っておいたほうがよいことなどを1・2年次生に向けて、実体験を交えながら話をしてくれました。

 

育児体験を行っています

1月24日(月)から2年次生が「子どもの発達と保育」の授業の一環で「育児体験」を実施しています。1時間目から7時間目まで赤ちゃん人形のお世話をしながら、いつもと同じように授業に参加しています。実習教科はおんぶひもを使い、おんぶをして授業を受けます。この体験を通して子どもを育てる喜びや大変さ、周囲が協力をする大切さを学びます。1日に5人程度が実施しており、2月3日(木)まで学校内で育児体験を行う予定です。

 

 

令和3年度家政科展も無事開催することができました!

令和4年1月21日(金)・22日(土)の家政科展も無事開催することができました。ポルカ天満屋ハピータウンにて、各コースで学んできたことを展示しました。また、今年度は被服バザーだけでなく、食物バザーも行い、マスクケースやマカロンメジャー、クッキーやアップルパイの販売をし、多くの方に買っていただきました。

たくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました。

 

校内でクッキー販売を行いました

1月20日 家政科展で販売するクッキーを、今年度は校内でも販売しました。抹茶やチョコレートなど、いろいろな種類の入ったつめあわせセットです。多くの生徒や先生方が買いに来てくださいました。