岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

2年次生理系の生徒が化学実験をしました

2年次生(理系)の生徒が、化学の授業で中和滴定の実験をしました。シュウ酸溶液を水酸化ナトリウム水溶液で滴定しますが、たった1滴多く加えるだけでビーカー内の溶液の色は真っ赤に激変します。1滴加えるごとにビーカーを激しく振り混ぜ、「あ~!やってしもうたぁ~。まっかかじゃ!」「あぶねぇ~。色消えたわあ。」「これ色ついとる?微妙に赤いじゃろ」など、ときに歓声を上げながら、楽しく実験しました。

学習合宿に行ってきました!

7月26~28日、普通科1,2年次生全員で岡山県青少年研修センター閑谷学校を会場に学習合宿を行いました。普段は学校でしか触れ合うことのない友達や先生と寝食を共にし、朝から晩まで勉強漬けの3日間でした。一人だとくじけてしまいそうな長時間学習も、周りを見ると頑張っている友達の姿がたくさん目に入り、自分の力以上の頑張りができることを体験しました。

またベネッセの講師をお迎えし、1,2年次生別に特別講演を行っていただきました。まだまだ続く暑い夏も、目標を持って努力する意識付けができました。

さらに、卒業生の大学4回生の4人の先輩にも来ていただき、貴重な体験談とアドバイスをいただきました。とても心強いエールをもらいました。

2年次生(理系)化学実験をしました2

  

 

昨日に引き続き,化学反応の量的関係を調べる実験をしました。

前回と同じ化学反応ですが,今回は試験管の中で反応させます。

よく振り混ぜないと完全に反応しないし,強く試験管を振りすぎると

反応が激しすぎて溶液があふれ出してしまうし・・・。

試行錯誤,たまには失敗しながら,各班データを取りました。

2年次生(理系)化学実験をしました

化学反応の量的関係を検証する実験を行いました。

炭酸ナトリウムに塩酸を加え,発生した二酸化炭素の分だけ減少する質量を測定 。

100分の1グラムの精度で測定しましたが,理論値ピッタリの数値が出た班もあり,まずまず上手にできました。

3年次 学年集会

5時間目に3年次の学年集会を実施しました。学年主任、生徒課長等から話をしました。

2年化学

2年生の文系化学で酸化還元滴定をしました。滴定も4回目なので、操作もだいぶ慣れ、良いデータをとれるようになりました。  

3年次生 大学入試センター試験決起集会

1月13日(金)、センタ試験1日前となりました。3年間の総仕上げとなるセンター試験にむけて決起集会を行いました。校長先生から激励のお言葉をいただき、教員による当日の説明を行いました。最後には松籟祭で団長を努めた生徒3人によるかけ声のもと3年次生全員が一丸となって試験に望むことを誓い合いました。 IMG_0081      

3年次生(理系) サタデースクールで化学実験をしました。

3年次生は,今日が最後のサタデースクールの日でした。授業で行う化学実験もおそらくこの日で最後です。 「タンパク質とアミノ酸の性質」のタイトルで,卵白中のタンパク質の反応や,グルタミン酸の性質を調べました。 ご覧のように,いすに座って実験している生徒は一人もいません。 2年間,実験はしっかりやってきたので,細かい注意はしなくても器具を上手く扱い,加熱している手つきも軽やかです。 dscn2048 dscn2052 dscn2053 dscn2056           dscn2067

3年次生(理系) テスト明けに化学実験をしました。

昨日(12/9),3年次生は高校で最後の定期考査が終わりました。最近は,すべての教科でセンター試験をにらんだ問題演習の授業をしています。化学も1ヶ月ほど全く実験をしていなかったので,本日(12/10)のサタデースクールでは,久しぶりに実験を行いました。 「塩化物イオンの濃度測定」というタイトルで,沈殿の色の変化により,イオン濃度を測定する原理について学びました。 はじめは黄色の溶液の中に白い沈殿が生じますが,やがて赤褐色の沈殿が現れます。この赤褐色の沈殿が消えなくなったところが終点です。 滴定実験は何度もやっているので,手際はよくあっという間にデータをとりました。その後のデータ整理や計算には苦労していましたが,最後は今日の実験をテーマとした,大学入試問題の演習を行いました。 dscn2034 dscn2036 dscn2037 dscn2038 dscn2047    

3年次理系,化学実験をしました

今日は「グルコース・デンプン」の実験をしました。まずは実験の注意を聞いてグループ内で段取りを話し合います。グルコースの還元性を調べるために,フェーリング液を加え沸騰水中で加熱します。時間の経過とともに,青く透き通った溶液中に赤い沈殿が現れてきました。デンプンに希硫酸を加え沸騰水中で加水分解します。徐々に分解が進み,ヨウ素デンプン反応を示しにくくなりました。3年次理系は実験の回数を重ねてきたので,手際よく時には自分たちでアレンジしながら進めていきます。 dscn2013 dscn2005 dscn2006 dscn2020 dscn2017