岡山県立高梁高等学校

縦割りロングホームルーム

9月25日6・7限に「縦割りLHR」が行われました。

縦割りLHRとは、学年・クラスを解体して、学年や学科の枠を超えて

グループを作り、学校の課題や社会問題などについて考え

話し合う時間です。今年の議題は「反抗期の自分を伝えよう」です。

 

 始めに、各班で名前・好きな食べ物など簡単な自己紹介を行いました。

 

 初めて話をする人もいるので固い雰囲気をほぐすために簡単なゲームをしました。

どんなゲームかというと、

1.グループの半分の人があるイラストを見る。

2.イラストを見た人は、イラストを見ていない人に言葉でどんなイラストか伝える。

3.イラストを見ていない人は、その説明を聞いて実際に同じものを描いて再現する。

というゲームです。

絵心を試されるゲームでしたが、イラストを説明するうちに打ち解けた雰囲気になりました。

 

 

そして本題の「反抗期の自分を伝えよう」について話をしました。

「大人に対して思っていること」のプラスの面・マイナスの面を考えました。

 

 

その後、『高校生側の思い/大人側の思いを考える』というテーマで

紙芝居を見ながら高校生側・大人側それぞれの視点で両者の関係を考えました。

 

さらに『理解し合える関係を作ろう』といテーマで

①「最近、大人とのやりとりの中で腹が立った出来事」
②「大人の思いを考えてみる」
③「出来事を振り帰り、どう考え行動すれば良かったか(+大人にもこんな配慮をしてほしい)」

①~③の順番に個人の考えをワークシートにまとめました。

 

全体として、大人に対して「もっとこうして欲しい」という思いもありましたが、

大人への感謝や尊敬の思いもありました。