岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

フランスアンペール高校と教育交流

高梁市はフランス・リヨンの市のアンペール高校と5月29日(日本時間30日)に教育交流協定を締結しました。

この教育交流協定は、英語圏以外の国との交流を通して、高梁市内の高校生に幅広い国際感覚を身につけてもらうことを目的としています。近藤隆則市長、藤岡孝高梁商工会議所会頭らとともに市内高校の代表として蟻正校長が渡仏、アンペール高校で行われた締結式に参加しました。

アンペール高校は創立500年を迎える伝統ある高校で、年間150人の生徒が日本語を学んでいます。締結式後のパーティでは、日本語を学ぶアンペール高校の生徒達が、ジブリの歌やソーラン節の力強い踊りで訪問団を歓迎してくれました。

今後、高梁市はアンペール高校生のホームステイ受け入れ準備を進めていきます。将来的には、市内高校生の派遣も予定しています。

アンペール高校の生徒達は英語、日本語も話せます。そして、日本文化にとても興味を持っています。本校としても、英語に加えてフランス語や異文化に対する理解を深めるなど特色ある教育活動を展開し、日仏友好につなげていきたいと考えています。

左から蟻正校長・ブルジャ校長・近藤市長・長澤リヨン領事事務所長

中庭での締結式

アンペール高校校門

書道&美術特別講座

10月4日(水)5・6限

姉妹校生のために書道&美術特別講座が行われました。

 

5限に書道教室で、姉妹校生と本校生徒がペアになり書道を体験。

姉妹校生は、うちわに自分の好きな言葉の「漢字」を書きました。

本校生徒が、道具の使い方を実践してみたり、姉妹校生の書きたい漢字を書いてみたりしながら

なごやかな雰囲気の授業でした。

 

 

 

6限は美術教室での制作です。

5限に好きな言葉の漢字を書いたうちわの余白に、漢字の意味にあった絵を描きました。

 

 

市内見学&茶道体験

10月3日(火)

姉妹校生は、午後から市内見学をしました。

武家屋敷や頼久寺などを見学しました。

  

 

 

また放課後は、本格的なお茶室である光風館で茶道体験をしました。

茶道部が、もてなしの心で姉妹校生にお茶をふるまいました。

 

姉妹校短期訪問団

10月2日(月)

表彰伝達式・前期終業式・後期始業式のあと

姉妹校短期訪問団歓迎式が行われました。

姉妹校であるノーウッド・モリアルタ高校から12名の生徒が来校しました。

その後、夏季留学帰国報告が行われました。

本校から、8・9月の2か月間、姉妹校へ中期留学した2名が

現地で学んだことや感じたことなど話をしました。