岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

総合的な学習の時間:地域学「高梁を知る・創る」成果発表会

 10月12日7限に総合的学習の時間に行われている地域学「高梁を知る・創る」の成果発表会が行われました。

 

★★★★★★★地域学「高梁を知る・創る」とは★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 高梁地域に視点を当て、クラスの枠を越えて興味のあるテーマごとに班を作り、実際に地域に出向き見聞きしたことや体験したことから高梁地域をより良くするための提案名を発信することを目標にしている総合的な学習です。

 1年次生では「高梁を知る」と題して、地域に出向き、高梁の現状 を調査して理解を深めます。2年次生では「高梁を創る」と題して、1年次の調査を基に高梁をより良くするための方策を発信し、地域に還元することを目指します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 成果発表会のはじめは、体育館壁面に貼り付けられたポスターを自由に鑑賞です。このポスターは、共通のテーマで班を組み、実際に調べたことなどをまとめた研究成果になります。他の班が調べた様々なテーマを知ることができます。

 

  

(写真は1年次生がまとめたポスターです)

 

 後半は、2年次生の各分野から、代表の班の発表が行われました。

【代表で発表を行った班のテーマ】

エデュケーション分野 「楽しい授業とは何か」
ホームエコノミック分野 「子どもたちの成長」
メディカル・ウェルフェア分野 「熱中症の予防と対策」
エコノミー分野 「外国人の住みやすい町in高梁」
サイエンス分野 「高梁の農業」

  
「外国人に住みやすい町in高梁」について調べた班では、英語で発表を行ったり、「熱中症の予防と対策」について調べた班では、熱中症予防のパンフレットを制作し披露したりしました。

2年次生(理系),化学の授業で「酸化還元滴定」の実験をしました

前期末考査の直前でしたが,滴定実験を行いました。

中和滴定を過去2回行っていたので、要領も心得た生徒たちはスムーズに操作をこなしていきます。

器具の取り扱い方,目盛りの読み方,小さな研究者たちです。

縦割りロングホームルーム

9月25日6・7限に「縦割りLHR」が行われました。

縦割りLHRとは、学年・クラスを解体して、学年や学科の枠を超えて

グループを作り、学校の課題や社会問題などについて考え

話し合う時間です。今年の議題は「反抗期の自分を伝えよう」です。

 

 始めに、各班で名前・好きな食べ物など簡単な自己紹介を行いました。

 

 初めて話をする人もいるので固い雰囲気をほぐすために簡単なゲームをしました。

どんなゲームかというと、

1.グループの半分の人があるイラストを見る。

2.イラストを見た人は、イラストを見ていない人に言葉でどんなイラストか伝える。

3.イラストを見ていない人は、その説明を聞いて実際に同じものを描いて再現する。

というゲームです。

絵心を試されるゲームでしたが、イラストを説明するうちに打ち解けた雰囲気になりました。

 

 

そして本題の「反抗期の自分を伝えよう」について話をしました。

「大人に対して思っていること」のプラスの面・マイナスの面を考えました。

 

 

その後、『高校生側の思い/大人側の思いを考える』というテーマで

紙芝居を見ながら高校生側・大人側それぞれの視点で両者の関係を考えました。

 

さらに『理解し合える関係を作ろう』といテーマで

①「最近、大人とのやりとりの中で腹が立った出来事」
②「大人の思いを考えてみる」
③「出来事を振り帰り、どう考え行動すれば良かったか(+大人にもこんな配慮をしてほしい)」

①~③の順番に個人の考えをワークシートにまとめました。

 

全体として、大人に対して「もっとこうして欲しい」という思いもありましたが、

大人への感謝や尊敬の思いもありました。

 

 

 

 

 

 

2年次生理系の生徒が化学実験をしました

2年次生(理系)の生徒が、化学の授業で中和滴定の実験をしました。シュウ酸溶液を水酸化ナトリウム水溶液で滴定しますが、たった1滴多く加えるだけでビーカー内の溶液の色は真っ赤に激変します。1滴加えるごとにビーカーを激しく振り混ぜ、「あ~!やってしもうたぁ~。まっかかじゃ!」「あぶねぇ~。色消えたわあ。」「これ色ついとる?微妙に赤いじゃろ」など、ときに歓声を上げながら、楽しく実験しました。

学習合宿に行ってきました!

7月26~28日、普通科1,2年次生全員で岡山県青少年研修センター閑谷学校を会場に学習合宿を行いました。普段は学校でしか触れ合うことのない友達や先生と寝食を共にし、朝から晩まで勉強漬けの3日間でした。一人だとくじけてしまいそうな長時間学習も、周りを見ると頑張っている友達の姿がたくさん目に入り、自分の力以上の頑張りができることを体験しました。

またベネッセの講師をお迎えし、1,2年次生別に特別講演を行っていただきました。まだまだ続く暑い夏も、目標を持って努力する意識付けができました。

さらに、卒業生の大学4回生の4人の先輩にも来ていただき、貴重な体験談とアドバイスをいただきました。とても心強いエールをもらいました。

2年次生(理系)化学実験をしました2

  

 

昨日に引き続き,化学反応の量的関係を調べる実験をしました。

前回と同じ化学反応ですが,今回は試験管の中で反応させます。

よく振り混ぜないと完全に反応しないし,強く試験管を振りすぎると

反応が激しすぎて溶液があふれ出してしまうし・・・。

試行錯誤,たまには失敗しながら,各班データを取りました。

2年次生(理系)化学実験をしました

化学反応の量的関係を検証する実験を行いました。

炭酸ナトリウムに塩酸を加え,発生した二酸化炭素の分だけ減少する質量を測定 。

100分の1グラムの精度で測定しましたが,理論値ピッタリの数値が出た班もあり,まずまず上手にできました。

3年次 学年集会

5時間目に3年次の学年集会を実施しました。学年主任、生徒課長等から話をしました。

2年化学

2年生の文系化学で酸化還元滴定をしました。滴定も4回目なので、操作もだいぶ慣れ、良いデータをとれるようになりました。  

3年次生 大学入試センター試験決起集会

1月13日(金)、センタ試験1日前となりました。3年間の総仕上げとなるセンター試験にむけて決起集会を行いました。校長先生から激励のお言葉をいただき、教員による当日の説明を行いました。最後には松籟祭で団長を努めた生徒3人によるかけ声のもと3年次生全員が一丸となって試験に望むことを誓い合いました。 IMG_0081