岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

男子ソフトボール部、将棋部 壮行式がありました

中国大会へ出場する男子ソフトボール部と将棋部 坂口拓都くんの壮行式が行われました。

壮行式では、校長先生と生徒会長からの激励の言葉を受け、男子ソフトボール部部長 藤井大智くん(2年次)と将棋部 坂口拓都くん(1年次)が精一杯頑張りたいと話をしました。

 

男子ソフトボール部は、11月13日(土)・14日(日)に島根県雲南市で行われる中国高等学校ソフトボール新人大会、

将棋部は、12月18日(土)・19日(日)に広島市で行われる中国地区高等学校将棋選手権大会へそれぞれ出場します。

 

 

創立記念式典、芸術鑑賞会がありました

 秋晴れの中、景色を楽しみながら高梁総合文化会館まで歩いて移動し、創立記念式典、芸術鑑賞会を行いました。

 創立記念式典では、校長先生から高梁高等学校の歴史の始まりとなった、順正高等女学校、旧制高梁中学校、そして現在の高梁高等学校の三つの校旗について語られました。芸術鑑賞会では、岡山フィルハーモニック管弦楽団をお迎えしての演奏を鑑賞しました。どの演目もすばらしく、特に「ジュピター」などなじみのある曲が演奏されたときには胸が躍りました。

 

  

 

 

性教育講演会が行われました

10月25日(月)7限LHRの時間に全年次を対象として「性教育講演会」が行われました。

岡山大学大学院保健学研究科 研究科長・岡山大学医学部保健学科 学科長の中塚幹也先生を講師にお招きし、「性と生のつながり」という演題で講話をしていただきました。

正しい理解と知識を身に付けるため、「性に関する諸問題」について様々なデータをもとにお話ししていただき、生徒たちも自分のこととしてとらえる良い機会となったようです。

最後に保健委員代表の生徒が「貴重なお話をありがとうございました。今日うかがったお話をこれからも自分たちの問題として考えていきたいと思います。」と感想・挨拶を述べました。

2年次生が、1日研修旅行に行ってきました。

10月20日(水)2年次生は修学旅行の代替行事として、倉敷美観地区と鷲羽山ハイランドに1日研修旅行に行ってきました。

美観地区では、目的のお店をめぐりながら美しい町並みを散策しました。

鷲羽山ハイランドでは、サンバを踊ったり、ジェットコースターで絶叫したりと生徒たちはリフレッシュできたようです。

生徒からは「修学旅行に行けなくて残念だったけど、とっても楽しかった!」「みんなと一緒に行けていい思い出になった!」などの感想が聞かれました。

高校生活の中での思い出を1つでも増やせたらと企画した今回の研修旅行、生徒たちの笑顔が見られ、年次団教員にとっても嬉しい1日となりました。

 

<午前:倉敷美観地区>

 

<午後:鷲羽山ハイランド>

前期終業式・後期始業式がありました

 前半の表彰式では将棋部などが表彰され、後半は厳かな雰囲気の中、校長先生のお話を聞きました。1年の半分が終わり、後期が始まります。

10〜12月の行事予定を更新しました(追加)

2年次修学旅行が変更されています。こちらをクリックしてください。

10〜12月の行事予定を更新しました

10〜12月の行事予定を更新しました。こちらをクリックしてください。

松籟祭が吉備ケーブルテレビで再放送されます

「吉備ケーブルテレビ 松籟祭の再放送について」のお知らせ→こちらをクリックしてください

松籟祭が新聞で紹介されました!

9月9日(木)の山陽新聞で松籟祭文化の部について紹介していただきました。

 

【以下記事の内容】


教室に手作り遊園地

高梁高「松籟祭」コロナ禍で工夫

 高梁高(高梁市内山下)で7、8の両日、学園祭「松籟祭」(文化の部)が開かれた。新型コロナウィルスの影響で一般公開を中止し、ステージ発表では入場者数を制限。風景は様変わりしたが、手作り遊園地など工夫を凝らした多彩なイベントが繰り広げられた。

 2年生の教室には、座席が上下しながら円を描くオリジナル遊具がお目見え。保護者の協力で用意した木材と鉄パイプを組み合わせ、2週間かけて手作りした。

 人気キャラクターのイラストや旗、風船で飾り付けた教室には陽気な音楽が流れ、出迎えた生徒たちが笑顔で手を振る姿はまるで遊園地。力を合わせて遊具を動かし、他のクラスの生徒たちをもてなした。

 東京ディズニーランドを訪れる予定だった6月の修学旅行はコロナ禍で実現しなかった。製作した笹井治哉さん(16)は「代わりの記念イベントになればと思った。喜んでもらえてうれしい」と達成感に浸った。

 体育館には間隔を空けていすが並べられ、吹奏楽部やダンス部がマスク姿でステージ発表。入場できない保護者向けにオンライン配信も行った。吹奏楽部長の2年仲山匠さん(17)は「練習時間は制限されたけど、披露する場をもらえたことに感謝したい」と話した。

2021年9月9日(木) 山陽新聞

コーラス部 中国大会出場!

中国大会へ出場するコーラス部の壮行式が行われました。

校長と生徒会長からの激励の言葉を受け、コーラス部部長の新田さんが全校生徒の前で精一杯頑張りたいと話をしました。

本来鳥取県で行われるはずだった大会は、新型コロナウイルス感染症対策により録音での審査となります。

タカ高コーラスの美しい歌声を期待しています。頑張ってください。