岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

「備中高梁会議2022」に2年次生が参加!総探の実践発表を行いました

 3月5日(土)に開かれた「備中高梁会議2022」が、「前例にない生き方 挑戦する生き方」をテーマに高梁市の順正記念館で開かれました。今年度探究サポーターとしてお世話になった横山弘毅さんの呼びかけで、本校2年次生の3グループが、総合的な探究の時間に行ってきた活動について実践発表を行いました。

 「高梁特産品で給食メニュー」をテーマに発表した藤村柊香さん・吉澤茉亜怜さんは、特産品の高梁紅茶を使った蒸しパンを給食メニューとして提供するまでの活動を、紅茶生産者の方や高梁市給食センターの栄養士の方との連携の様子を交えて発表しました。

「市内の空き家活用」をテーマに発表した荻野湧貴さん・川上裕生さんは、古民家のリノベーション作業に参加したことを通して地域の方と交流。皆さんの思いを知ることもでき、空き家活用をきっかけとした地域を元気にする方策について今後も考えていきたいと発表しました。

「ドローンで高梁PR動画撮影」をテーマに発表した藤井大智さんは、探究活動中に参加したふるさと納税に関する講演会に刺激を受け、自身でも高梁の魅力発信をすることからふるさと納税を増やしていくことにつなげていきたいと、探究活動終了後の現在も継続して取り組んでいる数件のプロジェクトについて発表しました。

 当日はオンラインも含め100名超の参加者で、発表に対し「すばらしい取組です」「高校生と一緒にチーム高梁で取り組んでみたい」との感想をいただきました。

 高校生の発表にとどまらず、小学校・中学校の地域と連携した取組の紹介や、高梁市に移住し農産物の生産者として活躍されている方も登壇され、それぞれの思いを語ってくださり、刺激の多い会議となりました。

2年次生が「冬の高梁Xmasマルシェ」に出店しました

 今年度の総合的な探究の時間の中で、地元食材を取り入れてスイーツや給食メニューの開発に取り組んできた2年次生の2グループが、12月19日(日)備北信用金庫ふれあいテラスを会場に開催された「冬の高梁Xmasマルシェ」に、地元産紅茶「高梁紅茶」を使ったラスクと蒸しパンを出品、販売しました。

 これまで何度も地域の方と連携しながら試作を重ねてきた生徒たち。ラスク・蒸しパンともに自信の仕上がりになりましたが、販売は初めての経験。緊張した面持ちで始まったマルシェでしたが、お客様との会話も徐々に弾み出し、笑顔で販売できるようになっていきました。商品は、開店1時間ほどで完売に。「大変だったけど、楽しかった」と充実した表情が見られ、生徒にとって貴重な体験ができたことと思います。

 Xmasマルシェには、部活動からも参加。吹奏楽部がXmasにぴったりの楽曲を演奏し、雰囲気を盛り上げてくれました。

2年次生「志望理由書の書き方講座」が行われました

11月4日(木)7限の2年次生の総合的な探究の時間に「志望理由書の書き方講座」が行われました。

講座では、2年次団進路課の奈須先生を講師に、大学入試の現状や選抜方法の説明から始まり、志望理由を書く上での大切なポイントについて話がありました。

生徒たちは、来年の自分たちの姿を想像しながら、真剣に話を聞いていました。

2年次総探グループ内発表(後半)

10月18日(月)7限LHRを使って、2年次生総探の後半グループの発表が行われました。前半グループと同様に、これまで調べてきた内容や研究成果・反省をまとめたスライドを使って一班ずつ発表していきました。生徒たちは、説得力やプレゼン力など様々な観点からお互いの発表を評価しました。

その評価をもとに、全校生徒の前で発表する5つのグループが決定しました!

10月28日の全体発表会までにより良い発表が行えるよう調整していき、その他の班はポスターセッションに向けての準備をしていきます。

 

2年次総探グループ内発表【前半】

 10月7日(木)7限、2年次の総合的な探究の時間では、前半日程として、これまで調べてきた内容をスライドにまとめ、成果や今後の活動についてグループ内で発表をしました。発表を聞く側の生徒たちは発表班の採点を評価シートに記入をしました。大変緊張した様子でしたが、どの班も工夫が感じられる素晴らしい発表でした。

 後半日程のグループの発表は10月18日(月)に行われます。

 10月28日(木)には全体発表会として、ホームプロジェクト、サイエンス、エデュケーション、エコノミー・インターナショナル、ウェルフェアの5つのグループから各1グループずつ選出された代表班がステージで発表し、その他の班はポスターセッションを行います。

吉備ケーブルテレビに取材してもらいました!

2年生の『総合的な探究の時間』を吉備ケーブルテレビに取材してもらいました。
生徒たちは地域コーディネーターの横山さんのお力をお借りしつつも、本日のリモートインタビューに向けて準備を行ってきました。
その他のグループも調べた内容や課題について熱心に話し合い、次回の訪問のためのアポ取りなど、着々と準備を進めています。

 

2年次生の「総合的な探究の時間」スタート!

 7時間目の総合的な探究の時間に、地域連携コーディネーターの横山弘毅さんと探究サポーターとして協力していただく吉備国際大学4回生の石原春乃さんをお招きし、地域との関わり方についてお話を伺いました。
 高梁に移住し、古民家をリノベーションしている横山さんの体験談や他校の活動内容に生徒たちは大変刺激を受けているようでした。講演会後に直接横山さんと石原さんに話を聞きに行く生徒もおり、今後の活動が充実したものとなる良いキックオフ会となりました。

方谷学成果発表会がありました。

10月8日の6・7限に、1・2年次は方谷学成果発表会がありました。今年度はリモートで行い、発表者が離れた場所で発表する映像を教室のスクリーンに映し、それを観て学びを深めました。

2年次生の総合的な探究の時間

12月12日(木)7限、総合的な探究の時間に2年次生普通科の生徒は、大学入試システムの理解ということでお話を聞きました。

生徒たちは、メモを取りながら真剣に話を聞いていました。

高梁を知る~語り場@タカコウ×シヤクショ

11月28日(木)、6・7限に1年次生の総合的探究の時間の一環で「高梁を知る~語り場@タカコウ×シヤクショ」と題して高梁市役所の方々をお招きしてお話を伺いました。

具体的には、「住もうよ高梁推進課」「医療連携課」「こども未来課」「産業観光課」「環境課」「学校教育課」の方々に来て頂き、六つの会場に分かれ、生徒は前半後半で二つの課について学びました。 各課の概要や仕事内容、高梁市の抱える課題と取り組みなどをお話して頂きました。メモを取りながらお話しを聴いている生徒もいました。

「住もうよ高梁推進課」の方のお話では、質疑応答の場面で、「空き家バンクに登録されている家に実際に住むためには、どのくらいお金がかかるのか?」「実際の空き家の活用例は?」などの質問が上がり、市役所の方が丁寧に答えて下さいました。

「高梁を知る~語り場@タカコウ×シヤクショ」は、このあと1年次生が取り組む、「高梁を創る」に繋がっていく内容です。今日のお話を伺って、高梁市の課題について、生徒なりに考え分析し、課題解決の方法を模索していきます。