岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

「ひだまり」を成羽長寿園へ

7月16日(火)に、家政科3年次生が成羽長寿園へ作品を寄贈しました。

高梁市のために何か力になることができないかと考え、高梁市に相談したところ、高梁市に新しくできた「成羽長寿園」に私たちの作品を飾っていただけることになり、家政科生徒全員でデザインから考え、パッチワークを製作しました。

この作品のテーマは「ひだまり」です。個性を大切にしながら、未来に向かって成長していく様子、そして、すべての人が笑顔で過ごせることを願って、一人ひとりが一針一針心を込めて縫いました。

利用者の方が見守る中、私たちの作品を無事お渡しすることができました。緊張しましたが、喜んでくださりとてもうれしかったです。

  

 

 

成羽中学校体験授業

7月16日(火)に、家政科の魅力を知っていただきたいと、成羽中学校の卒業生である家政科の3年次生が中学校へ出向き、中学生に授業を行いました。今年は「裏付きぺったんこポーチ」をミシンで使って製作しました。

とても手際よく、素敵な作品が完成しました。

  

高梁幼稚園に訪問しました

7月3日(水)に、家政科3年次生保育選択者が高梁幼稚園へ実習に行き、昨年「子ども文化」の授業で制作したエプロンシアターを3つ演じました。

アンパンマンやバイキンマン、しらゆきひめやたくさんのお菓子が登場すると園児から歓声があがり、とても喜んでくれました。

今回の実習を通して、園児への接し方などたくさんのことを学びました。

 

 

わくわく子どもフェスタに参加しました

6月15日(土)に栄町商店街で行われた「わくわく子どもフェスタ21」に家庭クラブ役員と家政科3年次生の「保育」選択者が参加しました。

天候はあいにくの雨でしたが、たくさんの子どもたちが遊びにきてくれて、生徒にとっても楽しい1日となりました。

 

 

西洋料理の盛り付けを学びました

6月10日(月)に、家政科の3年次生の「調理」選択者を対象に、高梁国際ホテルの料理長を外部講師としてお招きし、西洋料理の盛り付けについて教えていただきました。

美しく盛り付けるための工夫やコツなどを教えていただきながら、調理方法についても教えていただきました。

生徒は目の前でプロの技を見ることができ、先生に教えていただいたことをしっかりメモを取りながら熱心に聞いていました。

 

 

鯵をさばきました!

6月7日(金)に外部講師をお招きし、家政科の2年次生を対象に鯵をさばく実習をしました。

30cm近くある大きな鯵を、ひとり1匹3枚におろしました。

先生のように手早くとはいきませんでしたが、丁寧に教えていただき、おろすことができました。

次の実習では「鯵のかば焼き丼」「骨せんべい」にして、丸ごと1匹いただきます。

 

マナーを教えていただきました

6月6日(木)に家政科の1年次生、3年次生を対象に、外部講師の方を招いてマナー講座を行いました。

人と接するときの笑顔や視線、挨拶などの重要性を、ペアワーク等を通して分かりやすく教えていただきました。

1年次生も3年次生も楽しそうに、しかし熱心にメモをとりながら話を聞いていました。

 

 

 

 

卒業生の話を聞く会を行いました

5月30日(木)に、家政科全学年を対象に卒業生の話を聞く会を行いました。

今回は、高梁高校を卒業したあとホテルにパティシエとして就職した卒業生と、貸衣裳店でブライダル等に関わっている卒業生から話を聞くことができました。

高校生の時に頑張っていてよかったこと、働くうえで身につけておいたほうがよいことなどを話していただき、生徒にとってはとても充実した時間となりました。

 

助成金をいただきました

5月15日(水)に、国際ソロプチミスト高梁から助成金をいただきました。

この助成金は、家庭クラブ活動など校内外での活動費として大事に使わせていただきます。

フラワーアレンジメントを勉強しました!

5月11日(土)家政科3年次は学校設定科目であるライフコーディネートの授業で、外部の先生をお招きしてフラワーアレンジメントを勉強しました。

今回はカーネーション、かすみ草、レザーファン、ブルースターを使って、先生に教えていただきながら、うさぎのトピアリーを作りました。

完成したものを母の日に渡すことができて、生徒はとても喜んでいました。