岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

社会人講師授業「和菓子材料の扱いとその調理法」を行いました。

9月14日、10月12日に総社市の「備庵」より講師の先生をお招きして社会人講師授業「和菓子材料の扱いとその調理法」を行いました。専門家による和菓子の調理法や特殊材料の扱いを知ることにより、生徒の和菓子作りへの興味を一層高め、技術向上を図ることを目的としています。3年1組の調理選択者を対象にしており、生徒達は上用饅頭や大福、わらび餅、こなし製を実際に作り、和菓子作りの楽しさや難しさを実感することができました。

第5回家政科展実行委員会を行いました。

第5回家政科展実行委員会を行いました。
松籟祭の反省と、家政科展に向けて全員製作の内容や体験コーナー、ポスターの決定などを話し合いました。
着実に、家政科展に向けて準備が進んでいます。

刺しゅうのカード作り

家政科2年次生が、A5の紙にピンで穴をあけ、思い思いの色でカードに刺しゅうをしました。額に入れたり、プレゼント用のカードにするなど楽しい時間でした。

手作りピンクッションを家政科1年生へプレゼントしました。

 

8月6日、家政科3年次生がピンクッションを作りました。
 赤いフェルトでお花の形に仕上げたピンクッションは1年次生に向けて作ったものです。メッセージカードを付けて、3年次生から1年次生に向けてのエールを込め、かわいいラッピングもしました。
本来であれば3月に作り、4月に渡す予定でしたが、コロナの関係で休校になった影響により、この時期の作成になりました。
先輩たちの温かい想いのこもったプレゼント、大切に使ってもらいたいと思います。

家政科展実行委員会を行いました。

7月2日(木)、家政科展実行委員会を行いました。
今年度のテーマも決まり、着々と準備が進んでいます。
また、松籟祭での役割分担や、家政科展に向けての内容なども協議しました。
今年度はいろいろなことで不安もありますが、よりよい方向に進めるよう、前向きに会を重ねていきたいと思います。

家庭クラブ 夕涼み会を開きました。

6月25日(木)家庭クラブ教養委員が夕涼み会を開き、「ヒンメリ」を作りました。
ヒンメリとは北欧のインテリアで、今回はストローを使って七夕風にアレンジしました。
毛糸やスパンコールなどを使ったかわいらしいものや涼しげなものなど、世界に1つのヒンメリを作ることができました。

花を植えました!

6月9日(火)、家庭クラブの奉仕委員と有志の生徒で花を植えをしました。
花壇と付近の草を抜き、たがやした場所にひまわりの種を植えました。
プランターには新しく花を植え、今回も生徒がよく利用する自動販売機の近くに 設置しました。
毎日の水やりを忘れず、しっかり育てていこうと思います!

家政科展実行委員会を行いました。

6月5日(金)、家政科展実行委員を行いました。
3学年が全員集まるのは初めてだったので、自己紹介とテーマについての話し合いを行いました。これから各学年でテーマを考え、夏までには決定してきます。
今年度は準備から開催まで例年通り行えるかわかりませんが、家政科展に向けてできることを各々で精一杯、準備していきたいと思います。

松籟祭へむけてのドレスづくり

現在、家政科の生徒は、松籟祭へむけてドレスづくりに励んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【5月12日更新】手作りマスクを高梁市へ

5月12日(火)、 家政科の有志生徒が、自宅で作ったマスク約50枚を高梁市へ寄付しました。

新型コロナウイルスの影響により、高梁市のイベントが中止になっていく中、生徒たちが高梁高校家政科で学んだことをいかして何か地元の力になれないかと考え、今不足しているマスクを手作りし寄付しました。