岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

家庭クラブ週間で「くるみボタン」を作りました

家庭クラブ週間としてくるみボタンを作成しました。

各クラスの家庭クラブ委員からの説明をうけ、大切な人へのプレゼントとして一生懸命作りました。日頃の感謝の気持ちを込め、それぞれ工夫したメッセージカードを添えてました。

先輩の話を聴く会が行われました

6月3日(木)7限目に家政科全年次で先輩の話を聴く会が行われました。例年は講師として卒業生などを外部からお招きして実施していますが、今年度は緊急事態宣言発出中のため、本校教員2人の話を聴く形での実施となりました。新型コロナウイルス感染症対策として、各教室をオンラインでつなぎ、スクリーンに映して行いました。

花を植えました

6月9日(水)、家庭クラブの奉仕委員と有志の生徒で花を植えをしました。
花壇の草を抜き耕した場所に、ひまわりの種や朝顔を植えました。
プランターには新しく花を植え、今回も生徒がよく利用する自動販売機の近くに 設置しました。
毎日の水やりを忘れず、しっかり育てていこうと思います!

7~9月の行事予定を更新しました

 7~9月の行事予定を更新しました。こちらをクリックしてください
 5月27日版です。新型コロナウイルス感染症対策のため,行事の変更・追加の可能性があります。5月下旬段階での行事予定とお考えください。

1年次 生物の授業でChromebookを活用しています

 1年次生の生物基礎の授業で「原核細胞の観察」を行いました。

 

 今回の実験ではChromebookを使ってデジタルレポートの作成も学習しました。

 

 まずは、原核生物である「イシクラゲ」の採取に校地内の日当たりのよい場所に行きました。

そこでChromebookを使い「採取場所の様子」と「イシクラゲの写真」を撮りました。ここのところ梅雨とは言いながら晴天が続いていたので、イシクラゲはカラカラに乾いていました。

 

 生物教室に戻ってイシクラゲを水に浸したあと、プレパラートの作成を行い、顕微鏡で観察しました。

 

 さらに顕微鏡で見えた様子をChromebookで撮影しました。Chromebookのレンズと顕微鏡の接眼レンズとの距離をうまく調整しないとキレイに写らないのでとても難しいです。

 

 そのあと、ドキュメントで作成された「原核細胞の観察」のレポートに、各自、撮影した写真をはりつけたり「考察」「反省・感想」などを書き込んだりしてレポートを完成させ、「Classroom」に提出しました。

 

 どの生徒も、初めてにしてはとてもうまくレポートを作成できていました。

学部学科分野理解がありました

 1年次生が総合的な探究の時間に学部学科の希望別に講座を受講しました。 

 人文・文学、理工学、公務員、美容など17つの講座に3〜20人ずつほどに分かれ、就実大学、近畿大学、専門学校ビーマックス、岡山県理容美容専門学校などの先生の講座をZOOMで受講しました。

 生徒は挙手したりメモしたりしながら熱心に講座を受け、アンケートを記入して終わりました。

 生徒からは「とてもよかった」「普段から追求することが大切だと思った」などの感想がありました。

防災訓練がありました

 防災訓練が6月7日7限に各HRで行われました。緊急地震速報音が放送された後に机の下に隠れ、防災ビデオ視聴後にビデオについて防災クイズを行い、避難経路を確認して終わりました。クイズのやり方は各クラスごとに異なりましたが、緊急事態宣言下においての訓練となりました。

学問ワークショップを行いました

 1年次普通科学問ワークショップを行いました。文系理系について、どのような学問があるのか、また文系の場合は人文系や外国語系などのジャンルについての説明を聞き、自分の進路を深く考える機会となりました。

夏のオープンスクール参加申込みについて

↓↓夏のオープンスクール参加申込みを、以下のQRコード先のgoogleフォームから6月18日(金)までにお申し込みください。

 

追加】↓↓上記のQRコードの申込みフォームのURL

    https://forms.gle/cUELCKcYs4B4nAq7A になります。

    ※今年度の申込みは中学3年生のみ対象です。御了承ください。

 

↓↓また、野球部の練習を体験される方は下記の野球部参加同意書をクリックして印刷し、オープンスクール当日にご持参してください。

野球部参加同意書

吉備ケーブルテレビに取材してもらいました!

2年生の『総合的な探究の時間』を吉備ケーブルテレビに取材してもらいました。
生徒たちは地域コーディネーターの横山さんのお力をお借りしつつも、本日のリモートインタビューに向けて準備を行ってきました。
その他のグループも調べた内容や課題について熱心に話し合い、次回の訪問のためのアポ取りなど、着々と準備を進めています。