岡山県立高梁高等学校

普通科紹介

自分の可能性を発見しながら前進します

普通科では、全教科をバランスよく学び、希望の進路実現を目指します。 また学年が進むにつれて、多彩な選択科目が設定されており、難関大学への進学にも対応した多彩な科目選択群から、自分の進路や興味・関心に応じて科目を選ぶことができます。 また、教科の理解度に応じた講座編成で弱点克服やレベルアップをねらう習熟度別授業や1クラスを2つに分割しての少人数での授業(進路に必要ならば数名の希望者でも授業を開講)など授業設定に工夫を凝らしています。 特に、単位制により、少人数授業が可能になり目の行き届いたわかりやすい授業が実践できている点は、本校の大きな強みです。
普通科紹介

学習合宿

7月の終わりに、吉備国立青少年自然の家で3年次生が1泊2日の学習合宿を行います。 集中的に学習することで自主学習の習慣を身につけ、進路実現に向けて気持ちを高めます。
学習合宿

少人数クラス

普通科3年次生では、1クラスを30人前後の少人数クラスに編成し、2人の担任が生徒の個性をしっかり把握し、きめ細かな教科指導・進路指導を行います。学校生活の相談にものります。

サタデースクール

土曜日に学校を開放して、学習やその他の活動の場として提供しています(年10回)。 普段の45分授業では扱いにくい、じっくりと考える発展的内容やそれまでの授業の復習など、学力をさらに伸ばすように工夫した講座を開講しています。

学習支援ツールの活用

スタディサプリの利用で、家庭学習の充実を図ります。 令和3年度からはChromebookを1年次生全員に配布し、専用のペンで書き込むなど授業でも活用を進めています。