岡山県立高梁高等学校

非常変災などについて

  1. 登校後の非常変災に際しては、関係者で協議し、授業の継続実施、または臨時休業を決定する。
    1. 岡山県下全域または高梁地域に、暴風、大雨、洪水のいずれかの警報が、午前6時現在または午前6時以後8時30分までに発令されているときは、自宅待機とする。
      ただし、自宅待機中、午前8時30分までに解除された場合は、安全に留意して登校するものとし、授業は4限から開始する
      なお、午前8時30分現在警報が発令中の時は臨時休業とする。
    2. 岡山県下全域または高梁地域に、大雪または暴風雪のいずれかの警報が、午前6時現在またはそれ以降発令中の時は臨時休業とする。
    3. その他の地域に、暴風、大雨、洪水、大雪、暴風雪のいずれかの警報が発令されたときは、授業は平常どおり行なう。
      ただし、警報が発令された地域に居住する生徒が遅刻、欠席をしても公欠扱いとする。(警報解除の場合は1.に準ずる)
  2. JRやバスなどの公共交通機関の遅延が原因で遅刻、欠席をした場合は公欠扱いとする。(自家用車の場合は原則としてこの限りではない)
  3. サタデースクールについては、岡山県下全域または高梁地域に、暴風、大雨、洪水、大雪または暴風雪のいずれかの警報が、午前6時現在またはそれ以降発令中の時は休講とする。
  4. 校外模試については、岡山県下全域または高梁地域に、暴風、大雨、洪水、大雪または暴風雪のいずれかの警報が、午前6時現在またはそれ以降発令中の時は休講とするが、その後の日程については別途指示する。


(参考)

  1. 岡山県における注意報・警報の発表区域は次のとおり。
    岡山地域、東備地域、倉敷地域、井笠地域、高梁地域、阿新地域、真庭地域、津山地域、勝英地域
  2. 気象に関する警報は以下のとおり。
    暴風、大雨、洪水、大雪、暴風雪、高潮、波浪