岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

栄町商店街と高校生のイベント!!

イベントのお知らせです!

11月24日(土)12:00~15:00まで

栄町商店街にて、高梁高校・高梁城南高校・栄町商店街が協力してイベントを行います!!

当日は、高梁城南高校と一緒に栄町商店街を若いパワーで盛り上げるべく、各種パフォーマンスや、作品展示、体験コーナー、販売等、工夫を凝らしたイベントを計画しています☆ 詳しくはこちら… ↓↓  栄町高校生カフェ チラシ[1] 高梁高校からは、ダンス部、コーラス部、書道部、吹奏楽部のパフォーマンス、天文部・美術部の展示、高校生カフェの出店等を予定しています! 20日には、高校生カフェで提供する高梁紅茶のおいしい入れ方の講習会があり、生徒たちは来場してくださる方に喜んでいただけるよう、一生懸命練習しました!   皆様のお越しを心よりお待ちしております…♪

育児体験実習

一見、いつも通りの授業風景… よく見ると、生徒が赤ちゃんを抱っこして授業を受けています!! 実は、これは家政科2年次生の「育児体験実習」の様子です。 「育児体験実習」は11月13日~26日までの期間、赤ちゃん(5か月児の保育人形)を「いのちある大切なわが子」として接しながら学校生活を送るというものです。 通常授業は抱っこして授業を受け、調理実習や被服製作、芸術の実習時にはおんぶして実習!「いのちある大切なわが子」から片時も離れず、大切に大切に接します。 この実習では、授業で学んだ知識や技術をもとに、乳児を養護することを通して、子供を育てることの喜びや大変さ、また家族をはじめ周囲が協力することの大切さを理解することを目的としています。 この実習のために赤ちゃんの着るベストを手作りするなど、しっかり「愛情」を育むことのできる体験実習です。  

歴史講演会

11月5日(月)、1・2年次生を対象に歴史講演会が開かれました。   1年次生 「城下町と高梁高校」(講師 松前俊洋氏) 自分たちが普段生活している町や学校の歴史的・文化的価値を学び、学校や地域に対する愛着がより一層深まりました。   2年次生 「いつも心に明鏡を~山田方谷に学ぶ」(講師 網本善光氏)  郷土高梁の生んだ偉大な学者であり政治家であり教育者でもある山田方谷の思想,生き方からたくさんのことを学びました

かつらむき!! 食物検定1級の練習

家庭科食物調理検技術定1級の練習です。 今日は家政科3年次生が「大根のかつらむき」に挑戦!

3分間でどれだけ切れるか?

 緊張する~。

 「はじめ!!」

 真剣です。

 あと少し。

 こんなに切れました。

本番も上手に出来るように、これからも練習です。

所蔵品展

11月2日(金)、高梁高校所蔵品展が開催され、地域の方々、本校生徒で賑わいました。 普段は目にすることがない、山田方谷の掛け軸など、高梁高校が大切に保存してきた貴重な品々を公開しました。 場所は敷地内にある有終館。 有終館は、1925年(大正14年)に本校の前身である高梁中学校の創立30周年記念図書館として建てられた、高梁高校の中で現存する、由緒ある建物です。   昔使われていた教科書や貴重な資料、卒業アルバムなどが所蔵されており、今回公開した掛け軸などと一緒に多くの方々に見て頂きました。   高梁高校出身の先生の写真を卒業アルバムから探す場面も…  

芸術鑑賞会

11月1日、創立記念式典の後に、芸術鑑賞会が行われました。 今年度は、劇団イングさんによる演劇『EDDIE』を観劇しました。 伝説のボクシングトレーナー、エディ・タウンゼントさんの実話に基づく物語。迫力のスパーリングシーンに生徒たちも圧倒されました。笑いあり、涙ありの素晴らしいステージでした。  生徒会長からお礼の言葉 ◎生徒の感想より 「迫力があって感動しました!」 「主人公がかっこよかった!」 「3年間で1番良かった!」 「すごく引き込まれて涙が出た。」 「エディさん最高!忘れません!」  

高梁高等学校創立記念日

11月1日は高梁高等学校の132回目の創立記念日です。 創立を記念して、創立記念式・芸術鑑賞会が行われました。 これからも132年の歴史と伝統を大切にしながら、新たな一歩を踏み出します。