岡山県立高梁高等学校

☆縦割りLHR☆

10月29日(月)に、タカ高始まって以来の新たな取り組みが行われました!

その名も……『縦割りLHR(ロングホームルーム)』!!

「縦割りLHR」とは、クラスを解体し、学年や科を越えてグループを作り、学校の抱える課題などについて意見交換するイベントです。 全校生徒が新たに人間関係を生みだし、学校全体の団結を深めることを目標に、1~3年、普通科家政科の枠を超えて16班に分かれ、一つのテーマについて話し合いを行いました。   話し合いは、班の中から選ばれた司会や書記の生徒が中心となって進行しました。 さすが選ばれしリーダー達!素晴らしいリーダーシップで班を引っ張ってくれました。     今回のテーマは「松籟祭、どうしたい?」でした。 これからの松籟祭をより良くするために、みんなで話し合い、アイデアを出し合いました。  ほとんどが初めて話をする人ばかり。最初は緊張した生徒たちも、最後にはしっかり打ち解けた様子でした。  自分の意見を付箋に書き、グループでまとめました。