岡山県立高梁高等学校

人権教育講演会

   7月13日(金)、人権教育講演会が開かれました。講師に竹内昌彦先生(元岡山盲学校教頭)をお迎えして、『私の歩んだ道~見えないから見えたもの~』というテーマでお話をしていただきました。   講演では、竹内先生の飾らない人柄や、目が見えないというハンデを全く感じさせないパワフルさとユーモア溢れる語り口にあっという間に引き込まれました。   竹内先生の「点字ブロックを世界で初めて設置したのは岡山県だ」というお話に驚いた生徒も多かったのではないでしょうか。 更に、視覚障害者の方が困っていたら、「何かお手伝いできますか?」と語りかけてくれると嬉しいなど、具体的に教えていただきました。「できるだけ多くの人に“ありがとう”と言われる人生を送りなさい」「人として何が正しい行いなのかを考えよう」「いのちは自分一人のものではない」といった言葉は心に強く響きました。