岡山県立高梁高等学校

育児体験実習

一見、いつも通りの授業風景… よく見ると、生徒が赤ちゃんを抱っこして授業を受けています!! 実は、これは家政科2年次生の「育児体験実習」の様子です。 「育児体験実習」は11月13日~26日までの期間、赤ちゃん(5か月児の保育人形)を「いのちある大切なわが子」として接しながら学校生活を送るというものです。 通常授業は抱っこして授業を受け、調理実習や被服製作、芸術の実習時にはおんぶして実習!「いのちある大切なわが子」から片時も離れず、大切に大切に接します。 この実習では、授業で学んだ知識や技術をもとに、乳児を養護することを通して、子供を育てることの喜びや大変さ、また家族をはじめ周囲が協力することの大切さを理解することを目的としています。 この実習のために赤ちゃんの着るベストを手作りするなど、しっかり「愛情」を育むことのできる体験実習です。