岡山県立高梁高等学校

2年次生(理系)化学実験をしました

  

2年次生(理系)で,化学実験を行いました。

 今回のテーマは「反応前の物質と反応後の物質が同一ならば,経路や手段に関わらず総熱量は変わらない」という『ヘスの法則』を確認することでした。塩酸と水酸化ナトリウムの中和反応で,反応前後の温度変化を測定しました。メスシリンダーで溶液の体積を正確に測ったり,秤量した薬品を手早くサーモカップに入れたり,また初めてマグネティックスターラー(自動攪拌装置)を使ったりしました。

 2年次生の生徒は,実験もずいぶん手慣れてきて,ほとんど椅子に座ることなく立ちっぱなしで作業しています。