岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

縦割りロングホームルーム

9月25日6・7限に「縦割りLHR」が行われました。

縦割りLHRとは、学年・クラスを解体して、学年や学科の枠を超えて

グループを作り、学校の課題や社会問題などについて考え

話し合う時間です。今年の議題は「反抗期の自分を伝えよう」です。

 

 始めに、各班で名前・好きな食べ物など簡単な自己紹介を行いました。

 

 初めて話をする人もいるので固い雰囲気をほぐすために簡単なゲームをしました。

どんなゲームかというと、

1.グループの半分の人があるイラストを見る。

2.イラストを見た人は、イラストを見ていない人に言葉でどんなイラストか伝える。

3.イラストを見ていない人は、その説明を聞いて実際に同じものを描いて再現する。

というゲームです。

絵心を試されるゲームでしたが、イラストを説明するうちに打ち解けた雰囲気になりました。

 

 

そして本題の「反抗期の自分を伝えよう」について話をしました。

「大人に対して思っていること」のプラスの面・マイナスの面を考えました。

 

 

その後、『高校生側の思い/大人側の思いを考える』というテーマで

紙芝居を見ながら高校生側・大人側それぞれの視点で両者の関係を考えました。

 

さらに『理解し合える関係を作ろう』といテーマで

①「最近、大人とのやりとりの中で腹が立った出来事」
②「大人の思いを考えてみる」
③「出来事を振り帰り、どう考え行動すれば良かったか(+大人にもこんな配慮をしてほしい)」

①~③の順番に個人の考えをワークシートにまとめました。

 

全体として、大人に対して「もっとこうして欲しい」という思いもありましたが、

大人への感謝や尊敬の思いもありました。

 

 

 

 

 

 

cafe chateauとコラボをして新しいデザートを作りました

 家政科1年生の4人が「総合的な学習の時間」の中で、cafe chateau とコラボをして「雲海アイス」という新しいデザートを作りました。

特徴は高梁紅茶を使って作った「わらびもち、白玉」と雲海に見立てて作った綿菓子です。

ぜひ、食べてみてください。

2年次生理系の生徒が化学実験をしました

2年次生(理系)の生徒が、化学の授業で中和滴定の実験をしました。シュウ酸溶液を水酸化ナトリウム水溶液で滴定しますが、たった1滴多く加えるだけでビーカー内の溶液の色は真っ赤に激変します。1滴加えるごとにビーカーを激しく振り混ぜ、「あ~!やってしもうたぁ~。まっかかじゃ!」「あぶねぇ~。色消えたわあ。」「これ色ついとる?微妙に赤いじゃろ」など、ときに歓声を上げながら、楽しく実験しました。

授業でカラーコーディネートをしました

家政科3年生のライフコーディネートの授業で、社会人講師によるカラーコーディネートの

授業を行い、パーソナルカラーを診断してもらいました。

好きな色と似合う色が違っていてびっくり!似合う色を着ると、肌がきれいに見えて不思議でした。

2年次生(理系)化学実験をしました2

  

 

昨日に引き続き,化学反応の量的関係を調べる実験をしました。

前回と同じ化学反応ですが,今回は試験管の中で反応させます。

よく振り混ぜないと完全に反応しないし,強く試験管を振りすぎると

反応が激しすぎて溶液があふれ出してしまうし・・・。

試行錯誤,たまには失敗しながら,各班データを取りました。

2年次生(理系)化学実験をしました

化学反応の量的関係を検証する実験を行いました。

炭酸ナトリウムに塩酸を加え,発生した二酸化炭素の分だけ減少する質量を測定 。

100分の1グラムの精度で測定しましたが,理論値ピッタリの数値が出た班もあり,まずまず上手にできました。

三年次生による出張講座

4月27日(木)の7時間目の総合的な学習の時間を使い、家政科の3年生が家政科の1年生に「家政科の良さ」や「家庭クラブの活動」「ボランティア」などについて話をする出張講座がおこなわれました。 3年生は自分が家政科で学んできたことや、勉強と部活の両立のコツ、自己管理の大切さなどを自分の体験をもとに、1年生へ話をしました。1年生にとっては、実際に家政科で学んだ先輩から話を聞くことができる貴重な時間となりました。

2年化学

2年生の文系化学で酸化還元滴定をしました。滴定も4回目なので、操作もだいぶ慣れ、良いデータをとれるようになりました。  

3年次生(理系) サタデースクールで化学実験をしました。

3年次生は,今日が最後のサタデースクールの日でした。授業で行う化学実験もおそらくこの日で最後です。 「タンパク質とアミノ酸の性質」のタイトルで,卵白中のタンパク質の反応や,グルタミン酸の性質を調べました。 ご覧のように,いすに座って実験している生徒は一人もいません。 2年間,実験はしっかりやってきたので,細かい注意はしなくても器具を上手く扱い,加熱している手つきも軽やかです。 dscn2048 dscn2052 dscn2053 dscn2056           dscn2067

3年次生(理系) テスト明けに化学実験をしました。

昨日(12/9),3年次生は高校で最後の定期考査が終わりました。最近は,すべての教科でセンター試験をにらんだ問題演習の授業をしています。化学も1ヶ月ほど全く実験をしていなかったので,本日(12/10)のサタデースクールでは,久しぶりに実験を行いました。 「塩化物イオンの濃度測定」というタイトルで,沈殿の色の変化により,イオン濃度を測定する原理について学びました。 はじめは黄色の溶液の中に白い沈殿が生じますが,やがて赤褐色の沈殿が現れます。この赤褐色の沈殿が消えなくなったところが終点です。 滴定実験は何度もやっているので,手際はよくあっという間にデータをとりました。その後のデータ整理や計算には苦労していましたが,最後は今日の実験をテーマとした,大学入試問題の演習を行いました。 dscn2034 dscn2036 dscn2037 dscn2038 dscn2047