岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

社会人講師「魚のさばき方」を学びました

6月24日(金) 2年生家政科フードデザインの授業において、「魚富」の土井富弘先生、三宅周栄先生を 講師としてお招きし、日本料理について教えていただきました。 今回は鯵を使用して4品の料理を師範していただきました。初めて魚をさばく生徒も、先生に丁寧に教えていただき、上手に3枚に下ろすことができました。

マナー講座を行いました

5月31日(火)、家政科1年次生と3年次生を対象にマナー講座を行いました。人と接する際の印象の与え方や挨拶の仕方についてお話いただき、今後社会に出ていく3年次生はもちろん、1年次生にとっても貴重な体験となりました。

3年生からのアドバイスを聞きました!

4月26日(火)に家政科の3年次生が1年次生に対して、これからの高校生活についてのアドバイスをする会が行われました。3年次生たちは、検定や部活動との勉強の両立、家政科展の話などを実体験を交えながら、1年次生に話をし、1年次生はメモを取りながら先輩の話を聞いていました。

 

社会人講師授業「着付け講習会」が行われました

3月14日(月)装道礼法きもの学院の和仁秀子先生をお迎えして、着付け講習会が行われました。腰ひもや胸ひも、伊達締めの締め方と帯のいろいろな締め方を学んだ後、自分たちで製作した浴衣の着付けを行いました。そして、浴衣を着た時の立ち振る舞いについても教えていただきました。

 

自分で作った服を着てみました

3月11日(金) 家政科1年次のファッション造形基礎で甚平を作りました。慣れない和服製作はとても大変でしたが、世界に1つだけの甚平を完成することができました!

社会人講師授業「テーブルコーディネート」が行われました

3月11日(金) 家政科2年次のフードデザインで、食空間コーディネート協会の最所先生と小池先生をお招きし、「テーブルコーディネート」の授業と実習が行われました。クロスやカトラリーの組み合わせ方はとても難しかったですが、先生方からアドバイスをいただき、どの班もイメージのしていた素敵なコーディネートにすることができました。 美味しい料理を視覚から作っていく大切さを学びました。

 

社会人講師授業「人形劇」が行われました

3月2日(水)家政科2年次の「子どもの発達と保育」の授業で丹原恒子先生による人形劇の観劇が行われました。手作りの人形などを駆使して披露してくださるペープサートやパネルシアター等は私達の心を魅了するものばかりでした。丹原先生自身が楽しまれながらする演技などから、とても大切なことを学ばせていただきました。

  

育児体験を行っています

1月24日(月)から2年次生が「子どもの発達と保育」の授業の一環で「育児体験」を実施しています。1時間目から7時間目まで赤ちゃん人形のお世話をしながら、いつもと同じように授業に参加しています。実習教科はおんぶひもを使い、おんぶをして授業を受けます。この体験を通して子どもを育てる喜びや大変さ、周囲が協力をする大切さを学びます。1日に5人程度が実施しており、2月3日(木)まで学校内で育児体験を行う予定です。

 

 

1年次生書道選択者の「四字熟語」作品を展示中です

12月22日(水)、1年次書道の授業では、四字熟語を行書で書く活動を行いました。

Chromebookを用いて四字熟語を調べ、それぞれが気に入ったものを選んで書きました。

線の流れ・細太・横画の右上がりの角度など、行書の特徴の工夫を凝らして作品を完成させ、とても魅力的な作品が出来上がっています。

授業の終わりには、完成した作品の写真をGoogleドキュメントに貼り、全員で共有して鑑賞を行いました。

 

幼稚園実習へ行きました

12月13日(月)3・4時間目 家政科3年次生の保育演習選択者が高梁幼稚園へ実習に行かせていただきました。

おべんとうの手遊び歌、「いただきます」のペイプサート、まねっこ遊びを披露し園児たちと触れ合いました。子どもたちも目を輝かせて参加してくれました。卒業後の進路にもきっとこの経験は活かせると思います。