岡山県立高梁高等学校

高梁高校Diary

キャリア教育講演会が行われました

一般社団法人 大学イノベーション研究所 所長 山内太地氏をお招きし、「将来の進路の選び方」というテーマで、今の社会の傾向や大学選びの考え方について講義をしていただきました。生徒たちは、希望の進路に進んでいくために今やるべきことはなにかを考え、メモをとりながら真剣にお話を聞いていました。

   

洋食の盛り付けを教わりました

6月28日(月)に、家政科3年次生の「調理」選択者を対象に社会人講師による講習会を行いました。

講師に高梁国際ホテルの洋食料理長である横田龍太郎氏をお招きし、目の前で調理をしていただきながら盛り付けの工夫やお客様への気づかいなどを教えていただきました。

プロの料理人の技術を目の前で見ることのできる貴重な機会とあって、生徒は真剣なまなざしで先生の手つきに見入っていました。

 

 

1年次生 総合的な探究の時間で職業・学部学科を調べました

 今日から3時間に分けて、1年次生が研究を行います。家政科は職業を研究し、普通科は学部学科を研究します。    

  第1回 調べる職業や学部・学科の決定→調べ学習

  第2回 調べ学習→発表原稿作成→スライド作成

  第3回 スライドを用いてグループに分かれクラス発表・評価

の日程で行っていきます。今日は第1回で、個人で粛々と調べている様子が見られました。進路に迷っている人も、適性診断などで自分に合っているものを調べたりしながら頑張っていました。

高梁東中学校に数学の出前授業に行きました

 本日午前中に、数学科の大友先生と伊達先生が高梁東中学校に出前授業に行きました。テーマは指数関数で、高梁高校からChromebookを生徒2人に1台持参して、指数関数の特徴である、急激に変化する様子を紙を折っていくと枚数が2倍、4倍、8倍、16倍、……と急増する例や、コロナウイルス感染者数の急増の例を題材にして授業を行いました。

 生徒は端末を共有することやペンで書き込むことに抵抗なく取り組むことができ、指数関数の単元の入り口としても興味を持ってくれた様子でした。先生方、そして中学生のみなさん、お疲れ様でした。

1年次 生物の授業でChromebookを活用しています

 1年次生の生物基礎の授業で「原核細胞の観察」を行いました。

 

 今回の実験ではChromebookを使ってデジタルレポートの作成も学習しました。

 

 まずは、原核生物である「イシクラゲ」の採取に校地内の日当たりのよい場所に行きました。

そこでChromebookを使い「採取場所の様子」と「イシクラゲの写真」を撮りました。ここのところ梅雨とは言いながら晴天が続いていたので、イシクラゲはカラカラに乾いていました。

 

 生物教室に戻ってイシクラゲを水に浸したあと、プレパラートの作成を行い、顕微鏡で観察しました。

 

 さらに顕微鏡で見えた様子をChromebookで撮影しました。Chromebookのレンズと顕微鏡の接眼レンズとの距離をうまく調整しないとキレイに写らないのでとても難しいです。

 

 そのあと、ドキュメントで作成された「原核細胞の観察」のレポートに、各自、撮影した写真をはりつけたり「考察」「反省・感想」などを書き込んだりしてレポートを完成させ、「Classroom」に提出しました。

 

 どの生徒も、初めてにしてはとてもうまくレポートを作成できていました。

吉備ケーブルテレビに取材してもらいました!

2年生の『総合的な探究の時間』を吉備ケーブルテレビに取材してもらいました。
生徒たちは地域コーディネーターの横山さんのお力をお借りしつつも、本日のリモートインタビューに向けて準備を行ってきました。
その他のグループも調べた内容や課題について熱心に話し合い、次回の訪問のためのアポ取りなど、着々と準備を進めています。

 

数学の授業でChromebook活用を進めています。

数学の授業でChromebookを活用しています。写真はどちらも1年生数学Ⅰの様子です。どんな方法が合うのか、教員も試行錯誤しています。生徒のみなさんはデジタルに慣れているのかすぐ順応してくれます。

Chromebookの活用が進んでいます!

1年次生にChromebookが配付され,徐々に授業での活用が進んでいます。書道の時間では,Google ClassroomとJamboardを活用した授業が行われました。

先生のお手本は,あらかじめ撮影・編集しておいた動画をGoogle Classroom経由で配信することで,それぞれが必要なところで繰り返したり,一時停止したり,再生速度を変えたりして見ながら臨書することができていました。

また,それぞれの作品をChromebookで撮影し,Google Jamboardに貼付して,複数の作品を同時に比較して特徴をとらえたり,ポイントとなることろにタッチペンで○を書き入れたりすることで,「楷書を書き分ける方法を知る」という本時のねらいを達成するために非常に効果的なChromebook活用となっていました。

これからも,どんどん活用を進めていきます!

お手本動画を動画再生

作品を写真撮影

Jamboardでペア学習

Jamboardにタッチペンで書き込み

Jamboardを使って解説

デコレーションケーキの講習会が行われました。

高梁市の パティスリー シャロン 渡邉先生をお招きし、家政科1年次生を対象にデコレーションケーキの講習会をしていただきました。
生徒たちはあらかじめ考えていたデザイン画を元に、苦戦しつつも楽しみながら作っていました。

数学の授業でchromebookを使いました

共通テスト後、3年生普通科数学の授業の様子です。chromebookで動画を視聴しています。自分のペースで見て、繰り返し見ることもできますね。